カバサワデンタルオフィス

  • 診療コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 医院情報
  • アクセス
  • 求人情報
文字サイズ
中
大

0466-34-3555(10:00~13:00 14:30~18:00)

  1. HOME>
  2. 口腔外科

TREATMENT

口腔外科

当院がご提供する安心・安全な口腔外科治療

辻堂の歯科医院「カバサワデンタルオフィス」では、専用のオペルームを完備しており、高度な技術が求められる口腔外科治療にも力を入れています。

院内で考えられる感染による疾患とその対策

院内で考えられる感染による疾患とその対策

親知らずの抜歯などの口腔外科治療には、院内感染や医療事故を引き起こすリスクがあります。
当院では、院内感染予防への取り組みを行っていますので、安心してお任せください。

感染経路 主な疾患 主な対策
空気感染
  • 結核
  • 麻疹(はしか)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • レジオネラ肺炎
  • 専用の装置による換気
飛沫感染
  • 髄膜炎
  • ジフテリア
  • ウイルス感染症
  • 手洗いの徹底
  • マスク・ゴーグル・グローブの着用
接触感染
  • MRSA、VRE、O-157などの感染症
  • 伝染性が高い皮膚疾患
  • ウイルス性出血性感染症
  • 手洗い・ガウン・グローブ・マスクの着用

院内感染防止のための当院の設備と取り組み

エアクリーナー

エアクリーナー

歯を削る治療においては、詰め物の金属や歯の断片、血液などが粉塵となって空気中に飛び散ります。
それらを吸い込んでしまうとウイルスに感染する可能性があるため、エアクリーナーで飛散する粉塵を素早く吸引し、院内感染を防いでいます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

エアクリーナーと同様に、治療において口腔外に飛び散る有害な粉塵を吸引する装置です。
エアクリーナーと併用することで、院内感染予防対策としての効果を高めています。

マスク・ガウン・グローブの装着

マスク・ガウン・グローブの装着

オペの際には、スタッフが必ず滅菌処理をしたマスク・ガウン・グローブを着用しています。
これにより、衣服や肌にウイルスが付着し、二次的に飛散することを防ぎます。

個室オペルームにおける手術

個室オペルームにおける手術

粉塵の侵入経路を断つため、完全個室のオペルームを完備しています。

ディスポーザブル(使い捨て)器具の使用

ディスポーザブル(使い捨て)器具の使用

患者さまの粘膜に直接触れる可能性のある器具は、可能なかぎり使い捨てのものを使うように徹底しています。

器具の滅菌

器具の滅菌

外科用の器具など繰り返し使う必要があるものに関しては、オートクレーブといった専用の滅菌機器によって常に清潔に保ち、患者さまごとに滅菌パックに封入した状態でご用意しています。

当院で受けられる口腔外科治療

口腔外科治療というと、親知らずの抜歯や顎関節症の治療などが一般的です。
当院では、それらの治療はもちろん、高度な技術が必要となる専門的な外科手術にも取り組んでいますので、当てはまる症状をお持ちの方は、当院にお任せください。

歯周組織の再生治療

歯周病の症状が進行すると、歯周病菌が歯を支えている歯周組織や顎の骨を蝕み、溶かしてしまいます。
ここまで悪化した重度の歯周病を治療するには、専門的な外科手術によって歯周組織を再生することが必要です。
こちらでは、その代表的な治療法をご説明します。

GTR法

GTR法

歯ぐきを切開して、歯根の奥深くにこびりついたプラークや歯石を除去し清掃します。
さらに歯周病菌に侵された歯周組織を除去したあとで、「メンブレン」という特殊な薄い保護膜を使って歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

GTR法と同様に、歯周病菌に侵された歯周組織を除去したあと、「エムドゲインゲル」という歯周組織の再生誘導体を塗布して、切開した歯ぐきを縫合します。
後日、抜糸をすれば完了です。

CTG法

CTG法CTG法_2CTG法_3

歯ぐきが退縮してしまっている状態にあるとき、上顎から結合組織を採取して移植する手術です。

FGG法

FGG法

歯ぐきが不足している状態にあるとき、上顎から歯ぐきを剥離して移植する手術です。

顎の骨量不足を補う治療

インプラント治療においては、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋入する必要がありますが、顎の骨量が不足している場合には人工歯根を埋め込むことができないケースがあります。
そういったケースに対処するため、当院では顎の骨量の不足を補う治療を行っています。
こちらでは、その治療法をご説明します。

サイナスリフトとソケットリフト

サイナスリフトとソケットリフトサイナスリフトとソケットリフト_2サイナスリフトとソケットリフト_3

上顎の骨が薄くてインプラントの埋入ができない場合、顎の骨の上にある上顎洞という空洞を押し上げて、補填材を注入することで骨量を増幅させます。
現状の骨の厚みによって手術の方法がやや異なるため、1~5mmの骨の厚みがある場合はサイナスリフト、4~10mmの厚みがある場合にはソケットリフトが採用されます。

GBR法

GBR法GBR法_2GBR法_3

顎の骨が薄い部分を「メンブレン」という特殊な膜で覆い、自家骨や骨補填材を詰めて骨量を確保します。

↑